★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

キャッシング・ローンの種類による違い

キャッシングと一言で言ってもさまざまな形態があります。

キャッシング企業を大きく分けて銀行系・消費者金融系とあります。
基本的に銀行系が安く、そして消費者金融系となります。
みんな銀行系を選べばいいじゃない?と言われそうですが、そううまくはいかないのです。融資を得るには審査が厳しのが現状です。

消費者金融系では、ATMの利用が凄く便利です。ほとんど全国どこに行ってもすぐにATMからキャッシングできます。それだけ提携数が多くて便利で手軽な面はありますね。
どちらも良い面と悪い面があるというわけです。

また別に、キャッシングというと一般的に消費者金融などの金融機関からの小口融資をイメージすることが多いかと思われますが、クレジットカードに設定されているキャッシングというものも、同じキャッシングであり、どちらも借金として扱いは同じなのです。

消費者金融などのキャッシングも最近ではテレビコマーシャルなどの効果もあり、若者やキャッシング初心者でも抵抗感のない気軽なイメージを持たせていますが、一般的にクレジットカードのキャッシングは消費者金融のキャッシングと比較して借金をしているという罪悪感がなく、ATMなどで手軽に現金を引き出せすことができます。

クレジットカードのキャッシングのこの手軽で罪悪感のない点は利用する上で気をつけなければならない点でもあります。どちらも同じように借金であることに違いはありませんし、いずれ返済しなければいけません。

クレジットカードのキャッシングの場合は、返済を滞納すると仮に返済したとしても場合によってはクレジットカードが使えなくなってしますことがあります。このようなことにならないためにも、キャッシングのローン返済は滞納しないようにきちんと行なうようにすべきなのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。